フライト前にチェックしたい 旅の道連れジュエリー – 羽田空港


2017年12月13日(水)~2018年1月3日(火)の間、イセタン羽田ストア(レディス) ターミナル1にて、「New Jewelry POP UP Shop」がオープン。

《BONHEUR(ボヌール)》《CHIKAKO YAJIMA(チカコヤジマ)》《JUTIQU(ジュティク)》《KANOE(カノエ)》《Lamie(ラミエ)》そして、《Selieu(セリュ)》の6ブランドが、海外でも目を引く、ファッションのアクセントとなるデザインジュエリーや、旅行におすすめの素材を使ったジュエリーなど、羽田空港ならではのラインアップを展開。御自身にも、大切な方へのお土産にもぴったりのジュエリーをご覧いただけます。


Exhibitor

《BONHEUR(ボヌール)》
天然石・淡水パールを使用した、ビーズ刺繍ジュエリーブランド。着ける人が”Bonheur=幸せ”な気持ちになりますように…と思いを込め、一粒一粒刺繍しています。絵を描くように作られるジュエリーは、シンプルなコーディネートのポイントになるような、一捻りあるデザインを心掛けています。全て手作業から生まれるジュエリーは、どれも、世界に二つとない作品ばかりです。

CHIKAKO YAJIMA(チカコヤジマ)》
ジュエリーでは見たことのない技法や構造を取り入れ、好奇心をくすぐるようなリボンジュエリーを展開するブランド。メビウスの輪をモチーフにしたネックレスやピアス、ヘアアクセサリーなど、軽量で旅行のお供に持って行くと、カジュアルにもドレスアップにも活躍します。

JUTIQU(ジュティク)》
『Everyday Chic』をコンセプトにしたコンテンポラリージュエリーブランド。アクリルにパールやジルコニアを閉じ込めたスタイル。タイムレスなコンテンポラリーさとデイリーライフでの使いやすさの融合を追求し、レイヤーコーディネートが可能なデザインが特徴です。

KANOE(カノエ)》
自然界の造形からインスピレーションを受け、無機質な金属から有機的なジュエリーを展開するブランド 。注目はマットな質感に上品さが漂うユーカリの大小の枝のピアスやブローチ。自由にアレンジすることで、様々なシーンでのコーディネートのアクセントになります。

Lamie(ラミエ)》
オブジェや抽象彫刻の様な、立体的で大振りなデザインをアート感覚で身に着ける事のできるジュエリーが特徴のラミエ。光のまたたきをイメージした、この秋発表された新作”Twinkle”や2WAY、3WAYと愉しめる定番の人気商品などが揃います。

Selieu(セリュ)》
柔らかで良質な国産のピッグスキンを使用し、女性の可愛らしさとしなやかさを引き出すやさしい印象のジュエリーが人気のセリュ。淡い3色の豚革で作られたお花と透明感溢れる天然石アクアマリン・プレナイトが手首を彩るブレスレットや、かすみ草モチーフのピアスなど、可憐な表情をお楽しみください。

KANOE

BONHEUR

Selieu


EVENT DATA

日時:2017.12.13 wed. – 2018.1.3 tue 8:00-20:00
場所:羽田空港 国内線 第1旅客ターミナル2階 ゲートラウンジ(北) 搭乗口15番付近
※第1旅客ターミナル発着の搭乗券をお持ちのお客さまのみが、ご利用いただける店舗です。
※店舗は飛行機にご搭乗のお客様のみがご入場いただける、ゲートラウンジにございます。
住所:〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
URL:イセタン羽田ストアHP
お問合せ:03-5757-8700 (直通)


 


 


RECENT POSTS