飾ること - Why decorate?

ジョージジェンセンの銀製品  

_A217320デンマークを代表する銀製品のブランド、ジョージジェンセン。
その歴史は100年を越えます。創業者であるゲオルグ・イェンセンはもともと芸術家志望で彫刻を学んでいたこともあり、その技巧が生きたデザインが特徴的。
ドイツを旅した時に蚤の市の銀製品を専門に扱う店で、イェンセン本人がデザインを手がけた印である刻印入りのフォークを見つけました。見るからに頑固そうな店主に、「イェンセン?」とたずねると、少し表情を変え深くうなずき、他にもあるぞ、と言った具合にジュエリーやカトラリーを大切そうに出して見せてくれたのですが、その仕草から彼にとっても特別なものたちであることが伝わってきました。なかなかに貴重な品を見せてもらったことは勿論嬉しかったのですが、それらが美しいということを時代や国籍を越えて感じ合えたような気がしたのが、その旅の思い出の一つになっています。

CREDIT

Styling & Text : 井伊百合子
Photo: 森本美絵
Edit: 上條桂子

飾ること - Why decorate?

日常生活で、お祝いの場で、お悔やみの席で、人はいつの時代でも何かを身につけ、自らを飾っています。何故、人は飾るのでしょうか? スタイリストの井伊百合子さんにさまざまな「装飾品」を紹介していただき、モノと歴史、背景について語ります。写真は森本美絵さんです。