《TASAKI》新クリエイティブディレクタープラバル・グルンの新作「TASAKI Atelier」


昨秋《TASAKI(タサキ)》の新クリエイティブ ディレクターに就任したプラバル・グルンがデザインが手がける新ライン「TASAKI Atelier(TASAKIアトリエ)」のファーストコレクションのハイジュエリーが4月5日(木)TASAKI銀座本店他にて展開開始。

TASAKI(タサキ)》ならではのモダンなリュクスの世界を体現する「TASAKI Atelier」のファーストコレクションは、女性のコンテンポラリーアーティストたちの間で今再燃している「シュルレアリスム」の芸術運動にインスピレーションを得たライン。

女性ならではのものの見方を強調した形で現在展開されているこの芸術運動の中で描かれる、たくましく鋭敏で知的な存在としての女性たちのために、《TASAKI(タサキ)》というジュエラーのルーツである真珠や海をモチーフに、身に着ける女性たちを一層輝かせ、エンパワーするような魅力に満ちたジュエリーが誕生した。

「シュルレアリスム」をテーマに誕生したのは、モダンかつオーガニックなデザインの中に、海や真珠のさまざまな魅力を感じさせてくれる7つのシリーズのジュエリー。

水のしずくが光を浴びて煌きながら流れ落ちるシーンを表現したデザインの「Cascade(カスケード)」。パールを育む入り江のフォルムをグラマラスに描き出し、動きにあわせてさらさらと揺れるフリンジが優しく寄せては返す波の煌きを想起させる「Cove(コーヴ)」。穏やかな海にゆったりと優雅に浮かぶ球体のブイ(浮標)をパールで表現した、革新的なデザインの「Buoy(ブイ)」。入り江の岩陰に現れた洞窟の内部を鮮やかに照らす直線的な光を表現した「Moulin(ムーラン)」。高いところからダイナミックに流れ落ちる滝にインスパイアされた「Waterfall(ウォーターフォール)」。パールを柔らかく包み込むように、海の中でオーロラのように煌く光を表現した、曲線がモダンで洗練された印象の「Aurora(オーロラ)」。真珠ならではの艶やかで神秘的な虹色の輝きをもたらす真珠層の、多面的な魅力に満ちた輝きをクリーンでオーガニックなラインで表現した「Nacreous(ナクレアス)」。

「Buoy(ブイ)」イヤリング/「Aurora(オーロラ)」ネックレス

「Cascade(カスケード)」イヤリング/「Nacreous(ナクレアス)」リング(ダブル フィンガー)/「Nacreous(ナクレアス)」ハンドカフ(右手用)/「Aurora(オーロラ)」ブレスレット 

「Cove(コーヴ)」イヤリング/
「Moulin(ムーラン)」リング(ダブル フィンガー)

自社養殖場で育むパールや、最高品質のダイヤモンドやカラーストーンなど究極の素材を用いて、《TASAKI(タサキ)》が誇るクラフツマンたちが仕上げた「TASAKI Atelier」。エシカルでクチュール的なアプローチにより至高のジュエリーへと昇華されたこのコレクションは、個々のスタイルや魅力を持つ、輝き続ける女性たちへの美の賛歌とも言える。《TASAKI(タサキ)》ならではの最高のクオリティ、クリエイティビティ、クラフツマンシップへのこだわりに満ちた、プラバル・グルンによるモダンでグラマラスなハイジュエリーの世界を堪能したい。

Photo credit: Hans Neumann / Art Direction credit: Driver Creative


 


 

RECENT POSTS