《agete》青山本店に春の息吹を感じる《edenworks》のフラワーアートワークが登場


シンプルで洗練されたデザインの中にも、時代感覚のあるジュエリーを集めた《agete(アガット)》の青山本店で、2018年1月6日(土)~4月5日(木)までの間、《edenworks(エデンワークス)》の手掛けるウィンドウディスプレイが展示されている。

《agete(アガット)》の2018年の年間テーマは”BIO TOPE”-自然が繰り返す美しさと、変化しながらも変わらない本質-をテーマにコレクションを展開、シーズンのスタートを切る2018 agete Spring Collectionでは、”BOTANICAL VEIL”と題し、印象的な様々な植物をモチーフに、繊細な表情とひとつひとつ異なる有機的なフォルムを表現している。

そんな春の息吹を感じる新しいシーズンのスタートを彩るウィンドウディスプレイに、篠崎恵美氏率いるプロジェクト《edenworks(エデンワークス)》が手掛けるフラワーアートワークが登場。

生命力溢れる“美”と、時間をかけて生まれるドライというカタチの“美”。経年変化美を楽しみ、それを慈しむという《edenworks(エデンワークス)》が考える花への強い想いと、《agete(アガット)》が持つジュエリーの世界観が共鳴しあい実現した今回のシーズンディスプレイ。

アガット 青山本店(店内)

クラシカルでありながらも、どこか新鮮な表情を見せてくれる植物達が、個性豊かな天然石を贅沢に使った手元を彩るリングや、耳周りのおしゃれを楽しむイヤードレス等、瑞々しい石の存在感が春の訪れを感じさせる2018 Spring Collectionを華やかに引き立てている。

アガット 2018 Spring Collection

新しいシーズンを五感で楽しめる《agete(アガット)》青山本店で、春に向けての気分も盛り上がりそうです。


篠崎恵美 (edenworks)

独自の感性で花の可能性を見つけ、植物と様々なアイテムを使って店内装飾からウィンドウ、雑誌、広告、CM、MVなど、花にまつわる様々な創作を行っている。2015年にフラワーショップ「edenworks bedroom」を代々木上原に、2017年にはドライフラワーショップ「EW.Pharmacy」を奥渋谷にオープン。また、ミラノのギャラリーにて紙の花のプロジェクト”PAPER EDEN”を発表した。


場所:アガット 青山本店
住所:港区南青山5-6-26
TEL:03-3400-2202
edenworksディスプレイ展示期間:2018.1.6 sat.- 4.5 thu. 11:00-20:00 予定
※アガット全店のショーケースでも、同じ世界観を展開中。(一部店舗を除く)
ホームページ | http://www.agete.com/


 


 


RECENT POSTS