INTERVIEW

ミャンマー産のエシカルルビージュエリー「N.e(エヌ・イー)」SHOPオープン

オンワード樫山から、ミャンマールビーの美しさを日本のクリエーションで発信するジュエリーブランド、「N.e」エヌ・イーが今夏デビュー。

デビューを記念した期間限定のポップアップショップは好評のうちに終了し、8月24日(水)に伊勢丹新宿店本館、9月7日(水)に阪急百貨店梅田本店に、常設店が待望のオープンとなることを記念し、「N.e」についてお話を伺った。


太陽の石、奇跡の赤が美しいミャンマールビー

Ne_ruby1

新ブランド「N.e」は、ミャンマー語で太陽を意味する「Ne(ネー)」に由来し、みずみずしい赤がはっとするほど美しい、高品質なミャンマー産ルビーを全ての商品に使用し展開している。

数々のルビーの中でも、ミャンマー産のルビーは白い大理石の中で育まれ不純物の含有率が少なく、そのため透明度が高く紫外線のもとで蛍光性を発する。深い赤色の奥の方にかすかに青みも感じさせる、華やかさが併せもつ複雑な表情は、ルビーに秘められた様々なストーリーやパワーをも彷彿とさせる。

そもそもルビーは、かつて東洋で「太陽の石」と呼ばれ、その燃えるような真紅の色がゆえに神秘的な魅力を持つと信じられてきた。古代ギリシャ・ローマでは病気・呪い・悪運などから守ってくれると信じ戦士が身に着けたと伝えられ、また、エジプトでは美・愛・体調を守る幸運の石と崇められていた。

「N.e」には、比類ない美しい石を育むミャンマーの大地がもつエネルギー、太陽を象徴とする「日本」の研ぎ澄まされたデザインが結びつくよう…というデザイナーの強い想いがこめられているのだそう。


現代の女性に向けた、洗練のデザイン

Ne_design2

ルビーは歴史的に護符や情熱の証として王族貴族にも愛された特別な石。そのため、一般的には「高額な宝飾品」としてデザインされたものが多い。

デザイナー廣瀬紋さんは、そんなルビーを大人の女性が日常的にファッションとして身に着けられるルビージュエリーにしたい、とモダンなデザインに仕立てた。

Ne_design1

建築家の父とアクセサリーバイヤーの母を持ち、幼少より鋭い感性と創造力を培ってきた彼女ならではの洗練された表情のジュエリーには、ドレスアップしたスタイリングにもぴたりと合うエレガンスも兼ね備えた、大人の女性が愉しめるデザインが光っている。

 

アートとN.eが出会うライン 、スプツニ子!コラボレーションが話題に

Ne_sputniko2

現代アーティスト・スプツニ子!とのコラボレーションが話題となった「Inspiration Lab.」ライン。
日本のクリエーションを発信するブランドとして、アーティスティックな人・コトからインスピレーションを得て、新しいルビーの価値観を創造する企画の第一弾だ。
もともと赤が似合うファッショニスタな女性として、スプツニ子!へアプローチ。今年の3月に始まった3年に一度の「瀬戸内国際芸術祭」で、スプツニ子!は「赤」にちなんだ初の常設展示作品を発表しており、赤で結ばれた繋がりからスタートしたコラボレーションだが、スプツニ子!の誕生石がルビーだったことも、ルビーの引き寄せた神秘的な縁を感じさせる。

Ne_sputniko3Ne_sputniko1

スプツニ子!の作品が展示されている豊島に言い伝えのある、島の名前の由来にもなった「トヨタマヒメ伝説」という神話より、運命に引き寄せられ愛を成就した豊玉姫が、龍に姿を変えて海に帰る…というストーリーにインスピレーションを得て「Destiny」シリーズは誕生した。

赤いルビーのみずみずしいきらめきを、飛翔する龍のイメージに重ねたデザインは、様々なカットの石を繊細に組み合わせ、龍の躍動感や羽衣の優美な動きを表現。スプツニ子!の豊島の作品で使われた「運命の赤い糸」が「赤いルビー」と結びついた、「N.e」にしかできないコラボレーションとなった。

 

ミャンマーの未来と、Ne.のこれから

Ne_myanmar1

売上の一部をミャンマーに寄付し、自然環境保護に役立てる取り組みを行っている「N.e」だが、実はその先を見据えている。

採掘されるルビーのほとんどは原材料として、加工技術の発達したタイなどに流れてしまい、「ミャンマー産」を謳えるルビーは希少。そこで、ルビーの産地として有名なモゴックに鉱山を所有するミャンマーの現地法人と提携し、安定供給の体制を整備。さらには今後、デザイナー自らミャンマーでワークショップを行い、日本で培われたデザインやものづくりの技術を伝え、ミャンマーのジュエリー産業の育成に協力する機会を作っていくという。

Ne_myanmar2

ミャンマーの未来の発展や自立貢献につながるこの取り組みは、ミャンマー政府鉱山省公認の「ミャンマーエシカルルビープロジェクト」として、モゴックでは鉱山省から感謝状が贈られている。

日本とミャンマーの「架け橋」となり、新たなルビーの魅力を引き出す「N.e」のジュエリーとの出会いを是非お楽しみいただきたい。


■ルビー原石入り大理石(母岩)をプレゼント

8月24日(水)伊勢丹新宿店 本館1F
9月  7日(水)阪急百貨店阪急うめだ本店1F
9月  1日(木)ONLINE SHOP (ONWARD CROSSET内〉
★オープンを記念し、伊勢丹新宿店・阪急うめだ本店で、¥108,000(税込)以上お買い上げいただいた方先着10名様(各店舗)に、ルビー原石入り大理石(母岩)をプレゼント。

■N.eでは、ブランドストーリー・NEWSをメールマガジンにて配信しています。(登録はウェブサイトから)
Website:www.ne-ruby.com
Instagram: instagram.com/ne_ruby
Twitter:twitter.com/ne_ruby_jewelry
Face book:facebook.com/neruby3

問合せ先:オンワード樫山 お客様相談室 0120-586-300

RECENT INTERVIEW