INTERVIEW

Shinobu Marotta 2013.Mar

『会話の生まれるジュエリー』をコンセプトにグラフィック的な視点でジュエリーを展開するtalkative。この春も、発表したばかりのラインナップを筆頭にリモデルしたばかりの伊勢丹新宿での期間限定出店や、はじめてのショップオープンを控えた、talkative のデザイナーであるマロッタ忍さんに、インタビューした。

JJ:
今日は、よろしくお願いします。初めてお会いしたときから思っていたのですが、マロッタさんの雰囲気って、パッと明るいですね。なんだか色がある、というか。

マロッタ:
よろしくお願いします。そうですか?!でも確かに、服も色とりどりなので海外に住む母に久々に会うたびに、またそんな色のある服ばかり着て~ と言われたりします笑。

JJ:
それがすごく似合っていらっしゃいます。今日は、そんなマロッタさんのものづくりとその人柄について、インタビューさせていただきます。早速ですが、そもそも、ものづくりのきっかけはなんだったんでしょう?

マロッタ:
大学卒業当時、店頭のウィンドウディスプレイや舞台美術のような仕事ができる会社に就職がしたくて、いろいろ探していたのですが、そのときは出会いに恵まれず、2つ目に志望していたグラフィックデザイン事務所での仕事を始めました。それから、仕事を数こなしていく中で、漠然と「自分の手を使って何かをつくる仕事がやっぱりしたいな」と思いだしてきて、改めて、ジュエリーを学ぶことにしました。

DSC03614

JJ:
グラフィックデザインから、ものづくりへ。ジュエリーだ、と思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

マロッタ:
そうですね・・・いろいろ考えて、可能性があったものから選んだとっていうのもありますが、、もともと独学で制作していたジェリーをあるとき友人にプレゼントする機会があって。それこそ東急ハンズできいたり調べたり… 素人ですが一からつくる経験はあったので自分がジュエリーをつくる、というのは自然と想像できてました。

JJ:
!東急ハンズですか笑。普通は、ありもののパーツ組み合わせて、いろいろつくってみたりしますよね。何もわからないところから、ゼロからつくろうとしたところがすごいですが。

マロッタ:
そうですね・・なんだかなにも知らないくせに、既製のものを組み合わせるのだけはしたくない!と思っていたりして、はじめてつくるものなのに、どうやったら手作りに見えないか工夫したりしていましたね。それは最初からのどうしてものこだわりで、今も変わりません。

JJ:
その後、一大決心をして、ジュエリーの学校にはいられて。同期の山内さんとブランドを立ち上げる決心をして夢中で学ばれる訳ですよね。

マロッタ:
はい。大学時代とは比べものにならないほど、集中して学びました。無遅刻無欠席の皆勤賞だと、卒業式で記念のダイヤモンドがもらえるんですが、それがもらえてしまったほど本気でした。そして、山内とブランドの立ち上げを誓って、修行のためにお互い就職。当時の目標は、5年後に立ち上げるのが目標でしたが、実際は、3年経験を積んで”igo”を立ち上げました。

JJ:
女性二人の、ブランドが誕生した訳ですね。マロッタさんは、スタッフに囲まれていても、他のアーティストさんと会話をしていても(インタビュー当日は、展示会を合同開催する”Romei” のデザイナー林宏美さんも同席されていました)、ぺちゃくちゃと楽しそうにおしゃべりしながら進めていくような印象がありますが、やはりふたりで作品をつくりはじめたときも、そうやって展開していったのでしょうか。

マロッタ:
基本的に、いつもそうかもしれません。とにかく2人の感覚はピッタリでいつも会話の中から作品が生まれていました。山内の出産を期に一人で活動していくこととなり、”igo”から、現在の”talkative”というブランド名に変えていく流れのときも、“おしゃべり好きな”という意味をつけ足したかったこともあって。自分でも、そういった会話が生まれたり、自分たちが楽しむという要素はとても大切にしています。

SONY DSC

SONY DSC

JJ:
現在は、おひとりでデザインされているとのことですが、誰かとの対話を常にご自身が楽しんでいらっしゃるせいか、身につける方とつながっているような雰囲気を随所に感じるのでしょう。新作なり、何か新しいシリーズをつくりはじめるときは、どういう過程を踏まれることが多いですか?

マロッタ:
そうですね・・割と、いつも浮かんだストーリーみたいなものをネタのように書きとめていることが多くて、それをぱらぱらめくって、そのとき世に出してあげたらいいんじゃないかと思うタイミングで出すことを決めます。それからテーマを考えて展開していくと、これもいいかも!あれもいいかも!みたいにつながっていって、気がついたら一式できているような感じです。例えば、2013年の新作は、白鳥座が一番星を目指して飛んでいく、というストーリーをいつか作品にしたいなと思っていて、そこから空の様子を表現した、”COMPASS”というテーマに発展しました。私にとっては、テーマも、テーマの言葉自体もすごく大切で、テーマが決まると急にあれもこれも!と毎日自然に目に入ってくるものの中で、当てはまるものが輝きだすんです。

250ok

JJ:
目をキラキラさせて、その輝きだしたものを拾っていくマロッタさんが想像できます笑。その結果、talkative らしい、思わず楽しくなってしまうものが多くなっていくのかもしれませんね。マロッタさんがグラフィックデザインをされていた経験とセンスが反映され、そこにジュエリーとしての機能やつけたときの美しさ、石の留め方などが、デザインに掛け合わさってtalkativeのオリジナルになるのですね。

マロッタ:
ありがとうございます。私自身、金属も石も好きなので、そういったところを最大限に活かして、大人が遊び心をもって身につけられるジュエリーをつくることを目指しています。

JJ:
今回発表された新作の中で、特に思い入れの強い作品はありますか?

マロッタ:
そうですね、、どれが強いということはありませんが、今回合同展示会をしたアパレルブランド”Romei”ともリンクしている、”float”というシリーズの気球と風船は、身につけると揺れたり動いたりするので、多くの方に手に取ってもらいたいと思います。
(*こちらは、4月末に販売開始予定)

JJ:
talkative の作品は、モチーフもの、天然石を使ったCOLLABOネックレス、新ラインのBanquet と、いろいろな方がすきなものを選べるような、幅のあるラインナップに感じます。

マロッタ:
そういってもらえるとうれしいです。ひとりひとり、好きなもの、自分の心が弾むものを見つけてもらえたらいいなと思ってデザインしています。私自身、そういう瞬間が大事なので!そのたくさんのデザインの中でもtalkativeらしさが失われないように心がけて大切にデザインしています。

maro3-1

インタビューの間、マロッタさんのキュートでポジティブな雰囲気と、talkativeのジュエリーを身につけた誰かの弾けるような喜びを引き出したいという彼女の思いが伝わってきたのが、とても印象的でした。

この春オープン予定のアトリエ兼ショップも、talkative 色が重なった素敵な空間を展開準備されているそう。楽しみに、オープンの便りを待ちながら、また取材させていただきたいと思います!

interviewen by Midorikawa Hiromi

talkative:http://www.talkative-jwl.jp/blog

*talkative の作品は、3/13(Wed)-19(Tue) の期間、伊勢丹新宿1階プロモーションスペースでの出店でご覧いただけます。店頭にマロッタさんご本人が立つ予定も。

RECENT INTERVIEW