FIND A JEWELRY BRAND

様々な技術があるオートクチュール刺繍の中でもリュネビル法を用い、小さなヴィンテージビーズを一粒ずつ刺繍したアクセサリ-です。
デザイン、刺繍、アクセサリーにする為の加工まで、全て東京にある自社のアトリエで行っています。使用しているビーズは全てフランスで直接買い付けました。そのほとんどは1930~50年代頃に作られた希少なものです。独特な発色や、普通の針では通らないような極小サイズのものを厳選し使用しています。
コンセプトは『piece de conversation』= 話題の手がかり。アクセサリ-を通じ話題を投げかけそこから自然と会話が始まる様な作品を目指しています。

Out of various haute couture embroidery techniques, we use the luneville technique to produce our accessories embroider one by one with tiny pieces of vintage beads. We handle all the process from designing, embroidering, and accessory finishing at our atelier in Tokyo. All the beads are directly bought in France. Most of the beads are made in 1930’s to 1950’s and are very rare. We select beads which have unique colors or very tiny ones which are difficult to thread through regular size needles. Our concept is “piece de conversation” = piece of conversation. We are looking to create artworks which people can find a cue for natural conversation through our accessories.

オンラインショップ

Môko Kobayashi online shop
BONDO

Môko Kobayashi

RANKING