Winter Letter from New York – vol.2 《 H.P.F, CHRISTOPHER 》

去年よりも早くに雪が降り始めました。
クリスマス当日の予報も雪マークが出ていますが、変わりやすいニューヨークの天候のこと、期待しすぎず、すこしだけ期待していようと思います。

クリスマスに雪が降ると嬉しいのは、幼稚園の頃に観た映画「スヌーピーのメリークリスマス」や「スノーマン」の楽しい記憶か、それともトレンディードラマ時代の残像でしょうか。変化のエネルギーに溢れ、一年を通して慌ただしかった街をやさしく包みこんでくれるような雪が降ってくれると良いです。そうしたら人々が、プレゼントのジュエリーを身につけ、新鮮で豊かな気分に包まれながら、ゆっくりしたクリスマスが過ごせるから!なんて妄想するのは、私自身がホリデーショッピングにハマりすぎかな…

11月終わりのサンクスギビングが終わると、フィフスアベニュー(五番街)のデパートメントストアやハイブランドのブティックのショーウィンドウも、ホリデーバージョンに夜な夜な徐々に切り替わります。

ニューヨーク市の7つの文化施設とのコラボレーションしたホリデーショーウィンドウで、大ぶりのジュエリーがこれでもかと印象的に使われたBergdorf Goodmanのショーウィンドウ

例年11月末に開催されるロックフェラーセンターのツリー点灯式のころには、通りもホリデーショッピングスタートですよ!言わんばかりに、凛々しい姿のショーウィンドウが並ぶスケジュールです。その横を、サンタクロースの帽子を被ったカップルがジョギングしながら通り過ぎたりして、きっとすぐそこのセントラルパークからスタートしてフィフスアベニューを走り抜けるのでしょうけれど、思いがけずさらに愉快な気分にさせられます。

ハイブランドのジュエリーのショーウィンドウは、どこも小さいサイズながらも、それぞれのコンセプトやメッセージがぎゅっと詰まって、毎年感動してしまいます。カップルや親子が興味深そうに覗き込みながら、おしゃべりしている姿を見るのが好きです。

Bergdorf Goodman

今年は、ティファニー本店にカフェ The Blue Box Cafeがオープンしたので、周辺も人が増えたような気がします。オープンの理由が、隣のトランプタワーの交通規制のため、ティファニー本店に来店するお客様が減り、売り上げもぐっと減ってしまったから。ならば、映画「ティファニーで朝食を」を実現しよう!と、カフェをオープンしたというのは、アメリカのブランドらしくて良いですね。

Tiffany’sは、”ティファニーブルー”を基調に、ドローウィングフィギュアがジュエリーギフトを運んだり、エンゲージメントリングを釣ったりと、忙しくも賑やかな世界が繰り広げられています。

クリスマスはもっぱら家族と過ごし、ディナーを囲んだり、ツリーの足元に積み重なったプレゼントを一緒に開けるのが定番ですが、同時に、クリスマスにプロポーズをするカップルが一番多いそうです。実際、クリスマスまでにリングのお渡しが間に合うように、秋から冬にかけて、お店はオーダー受注で、デザイナーはその製作で忙しく、国中が一斉にお休みになるクリスマスは、ああ、なんとかやりきった満足感とともに、デザイナーたちとテキストでハイタッチをし合い、深呼吸、安堵の1日でもあります。

12月12日にユダヤ教の8日間にわたるお祭りハヌカが始まり、ユダヤ教の黒い服に身を包んだ人々に、Happy Hanukkah!と話しかけられる日々が続いています。クリスマス当日までも指を数えるほどになり、私が働くH.P.F, CHRISTOPHERも、ギフトを探す人々の熱気で、小さな店内がぎゅっとしています。あとは、お客様の想いに応えられるよう、喋りに喋る毎日です。ブルックリン発のティーブランドBellocqのお取り扱いがあり、ティーサンプルをお出ししているので、私もおしゃべりしながら、飲み、喉を潤しています。

オンラインビジネスが発達して、ジュエリーもオンラインでリサーチして買えるようになった時代でも、困り顔のドキドキ全開でお店にジュエリーを選びにいらっしゃる方達にお会いできるのはうれしいものです。ずっと身につけられる、日常使いの繊細でシンプルなジュエリーが人気。ニュートラルな色のファッションが定番のニューヨークでは、納得の傾向です。

このブログのための写真を撮ろうと、週末朝早くにフィフスアベニューに向かう地下鉄の中で、ティアラを被った好奇心旺盛な瞳が印象的な8歳くらいのブラックの女の子を見かけました。足元はゴールドのキラキラしたレギンス。シンプルなミリタリーファッションのお母さんと、スマートにガウンコートを着こなし、ベリーショートスタイルのお姉さんが一緒でした。女の子のカーリーヘアにティアラがすごく似合っていました。ファッショナブルなお姉さんに憧れて、彼女が今日したかったとっておきのおしゃれはティアラだったんだな、ジュエリーってそういうもの、何歳になっても変わらないものですね。

Happy Holiday! すてきな年末年始をお過ごしください。


H.P.F, CHRISTOPHER | http://www.hpfchristopher.com
instagram | http://www.instagram.com/hpfchristopher/

Keiko Anzai
Keiko Anzai
安西啓子 Keiko Anzai
東京生まれ東京育ち、ブルックリン在住。 大学在学中より、インテリアショップやジュエリー業界にて経験を積んだ後、アッシュ・ぺー・フランス株式会社にて、新規事業の立ち上げに携わったり、地球の反対側まで新しい何かを探しに行ったりしていた。 2016年よりニューヨークの店舗H.P.F, CHRISTOPHERのストアマネージャーとして勤務。ニューヨークに集まる世界中のわくわくに触れながら、日本の様々なプロジェクトのサポートもしている。
キーワード :

RECENT POSTS